クリーム以外の選択肢

婦人

シミを何とかしたいという願いを持つ女性は多くいますが、たいていは化粧品で対処しているのではないかと思われます。そんな化粧品派にもオススメなのが、飲み薬によって体の中からしっかりとシミにアプローチする方法です。

原因を知って美肌になろう

女性

シミ取りに必要な栄養素としてビタミンやタンパク質、亜鉛、クルクミンやイソフラボンのようなポリフェノールが有名ですがこういった栄養素を含んだ食材を全て食べるというのは大変難しいものです。良質なサプリメントや薬に配合されていますので上手に利用するといいでしょう。

継続的な使用が重要

錠剤

シミとは肌にできる薄黒い斑点のことを言い、色素が沈着することで発生します。肌への刺激や生活習慣が主な発生原因で、シミ取りクリームなどの薬を使用することで改善することができます。十分な効果を得るためには、継続的な使用をすることが重要となっています。また、シミを消すためには早めのケアも重要です。

肌質ごとに違うアプローチ

錠剤

自分に合った方法で

紫外線が強くなる時期になると、肌が黒く日焼けしてしまってシミができないか、気になって仕方がないという人も多いでしょう。けれど、夏の間日焼けして黒くなり、秋冬になるとまた元に戻るという人は、それほどシミを恐れる必要はありません。体質的に日焼け対策を行う機能に優れており、体が紫外線に対して当然のように防御を行っているためです。夏になると日焼けをして、気候が涼しくなるとともにまた元に戻るという体質の人は、サンタンと呼ばれる紫外線A波が体を黒くさせる機能が働いている人です。この肌質の人は紫外線をブロックするメラニン色素が増えることによって肌が黒くなるため、結果的に紫外線を防止することができています。一方、色白で日に当たると赤くなるという肌質の方が注意が必要で、黒くなるサンタンに対し、赤く炎症を起こすサンバーンが起こります。サンバーンは肌が赤く炎症を起こす状態ですが、サンタンと違って肌が黒くならないので、紫外線の影響をまともに体に受けることになります。そのため、紫外線が体の中に入ってきてしまい、シミやしわなどがあとになって肌表面に出てくることになります。色白な白人にシミやそばかすが多いのはサンバーン状態が起こりやすいことによるもので、色白肌質タイプの人は入念な紫外線対策が必要と言えます。日焼け防止によいとされる栄養成分は、ビタミンA、C、Eですので、これらを複合的に含んだ薬を使って対策をするのがいいでしょう。市販薬にはビタミンをバランスよく含んだ薬がありますし、シミ対策専用の薬も販売されていますので、薬を上手に使ってシミを撃退するのが、色白肌質の人には不可欠といえそうです。